一流のアスリートの言葉は、学ぶものがあります。坂戸の塾、個別指導のフロンティア。

お問い合わせはこちら

一流のアスリートの言葉は、学ぶものがあります。坂戸の塾、個別指導のフロンティア。

一流のアスリートの言葉は、学ぶものがあります。坂戸の塾、個別指導のフロンティア。

2020/11/28

Jリーガー中山雅史

坂戸の塾、個別指導のフロンティアは、中山選手が好きです。

「失敗や挫折はチャレンジしたことの証」と語るのは、サッカーのワールドカップで日本人初のゴールを決めた中山雅史選手。53歳の今も現役のJリーガーだ。中山選手がコンサドーレ札幌を退団したのは、2012年のこと。度重なるけがで両膝の半月板をほぼ失った状態だったが、記者会見で「引退」の二文字は決して使わなかった。そこから治療を続けて3年後、アスルクラロ沼津に入団し、現役復帰。現在は公式戦のピッチに立つことを目標にトレーニングに励む。

体の変化と向き合いながら、チャレンジを続ける氏は、「自分に負けたくないというか、妥協だけはしたくない。」と語る。「可能性があるかないかは、挑戦しなければわからない」と。

限界を決めるのも自分であれば、限界を突破するのも自分である。自分で自分をあきらめなければ、可能性は常にある。生徒たちに伝えたいアスリートの言葉とストーリーである。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。