AI時代こそ読書が大切と坂戸の塾、個別指導のフロンティアも考えます。

お問い合わせはこちら

AI時代こそ読書が大切と坂戸の塾、個別指導のフロンティアも考えます。

AI時代こそ読書が大切と坂戸の塾、個別指導のフロンティアも考えます。

2020/11/02

茂木さんの話

坂戸の塾、個別指導のフロンティアは、これからのAI時代こそ読書が大切と考えます。

脳科学者の茂木健一郎は、こんなふうに言っています。「読書を知識の習得と捉えたとき、膨大な知識を駆使できる人工知能(AI)時代に読書をする意味が薄れているのでは、といった考え方もあり得ます。しかし、AIもシステムを構築する段階では、勉強しています。むしろ、AI時代だからこそ、AI技術を使っていかに人の幸せをつくるかを考えるために読書が大切になるのではないかと思います。日本語から英語への自動翻訳が盛んになった現代、英語を学ぶ意義がどこにあるのかという質問を受けたことがあります。英語など外国語を学ぶことは、日本語にない発想法を知り、自信の幅を広げることだと答えました。読書もまた、知識習得にとどまらず、本に込められた著者の思想、哲学を知ることができ、そこに脳の充実もあると考えています。あらゆる機会をとらえ、本に親しむ。読書は、現代に生きるちからを磨き、千恵の大空へ飛び出す作業なのです。」と。

読書習慣をもつ人は、認知症発症が抑えられると言われていますから、アンチエイジングの観点からも読書はますます大事になります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。