子どもたちへの声かけについて、坂戸の塾、個別指導のフロンティアは、「バクノビ」で学んでいます。

お問い合わせはこちら

子どもたちへの声かけについて、坂戸の塾、個別指導のフロンティアは、「バクノビ」で学んでいます。

子どもたちへの声かけについて、坂戸の塾、個別指導のフロンティアは、「バクノビ」で学んでいます。

2020/11/01

ビリギャル坪田先生の著書「バクノビ」

坂戸の塾、個別指導のフロンティアは、ビリギャル著者の坪田先生の著書「バクノビ」で生徒たちへの声かけの言葉や姿勢を学んでいます。

まずは、コミュニケーションの改善の項目。やる気を出してもらうためには、子どもが嫌がることは、10秒でいいからやってみようと働きかけること。スタートしてから軌道にのるまでのハードルはとにかく低く、小刻みにすることが大事。

会話上手になるには、まず相手の言っていることを正確に理解すること。これが意外と皆できていない。お母さんは、子どもの発言をまずはよく聞いてみましょう。

コミュニケーションの際に、無表情になる人は、相手の表情に意識が向いていません。そこを強く意識して話すとこちらも表情が豊かになりやすい。逆をいうと、こちらの喜怒哀楽の表情を豊かにする方が、相手も表情が豊かになりやすい。子ども相手でも特にこれを意識して会話しましょう。

人の行動を改善するには、親は理屈で人を動かそうとしたがりますが、なかなか子どもはそう動けないもの。よって、信頼感や感動で人を動かす方がよい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。