大学入学共通テストって何?小学生や中学生にどう関係があるの?坂戸の塾、個別指導のフロンティア

お問い合わせはこちら

大学入学共通テストって何?小学生や中学生にどう関係があるの?坂戸の塾、個別指導のフロンティア

大学入学共通テストって何?小学生や中学生にどう関係があるの?坂戸の塾、個別指導のフロンティア

2020/09/28

来年スタート!

坂戸の塾、個別指導のフロンティアが大学入学共通テストについて解説します。来年1月からセンター試験に代って、大学入学共通テストが実施されます。

2024年度以降は、新学習指導要領で学んだ生徒が受験するため、出題教科・科目をシンプルにしていくとされています。つまり、今の中学生以下は当てはまります。

大学の合否が大学入学共通テスト+各大学が実施する個別試験で決まるという仕組みは変わりませんが、出題傾向や内容には大きな変化がみられるでしょう。

一つは、国語と数学で「記述式」の導入です。今まで以上に思考力・判断力・表現力を見るため、大学入学共通テストには国語と数学の一部で記述式試験が含まれます。国語の記述量は80字から120字で、「論理性」や「情報を編集して字数内にまとめる能力」が問われます。数学では、図表やグラフ、文章などから考えたことを数式で表現すること、解答までの過程を正しく書き表すことが求められます。

また、国語・数学ともに複数のテキストや資料、素材を考え合わせて答えを導く問題が問われることになっており、高度な思考力・読解力が試されます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。