なぜ今、小学生にプログラミング教育が必要とされるのか?坂戸の塾、個別指導のフロンティアがお答えします。

お問い合わせはこちら

なぜ今、小学生にプログラミング教育が必要とされるのか?坂戸の塾、個別指導のフロンティアがお答えします。

なぜ今、小学生にプログラミング教育が必要とされるのか?坂戸の塾、個別指導のフロンティアがお答えします。

2020/09/15

プログラミング教育は學校で始まっています。

小学校から中学校・高校まで、文系・理系を問わず、子供たちに全員がプログラミングを学習することが決まっており、AIやビッグデータなどのIT、情報処理の素養はこれからの時代の「読み書きそろばん」と考えられています。

プログラミング教育は、2020年度から小学校で必修化され、2021年度から中学校では技術科ですでに必修化されていたものを強化、2022年度からは高校で共通必履修科目として、「情報Ⅰ」が新設されます。

大学入学共通テストには国語・数学・英語のような基礎的な科目として、プログラミングなどの情報科目の導入が検討されています。導入の背景には、人工知能(AI)などを使いこなせるIT人材の不足があります。経済産業省によると、IT人材は2015年時点で国内で15万人不足しており、2030年には最大79万人不足する見込みを言われています。

小学生のうちからプログラミングを学ぶメリットは、「何もないところから自分の手で作り出す」ことの楽しさを実感することで、理数系科目にも苦手意識をもつことなく、中学・高校でも自信をもって授業に取り組むことができるようになることです。。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。