「すらら」はゲーミフィケーションの活用例です。坂戸の塾、個別指導のフロンティア。

お問い合わせはこちら

中学生・小学生に人気の「すらら」はゲーミフィケーションを取り入れています。坂戸の塾、個別指導のフロンティア。

中学生・小学生に人気の「すらら」はゲーミフィケーションを取り入れています。坂戸の塾、個別指導のフロンティア。

2020/09/15

「すらら」の特徴2

特徴④がんばっている様子をリアルタイムで、「見守る」!すららは、自宅で学習していても学習状況が塾でわかります。頑張っている生徒には、塾長から応援メッセージを送ります。また、質問をすることもできますので、自宅からでもコミュニケーションをとることができます。

特徴⑤ゲームのように楽しくてライバルがいるから、「続く」!すららで学習したユニット数や学習時間により、全国のすらら利用者のなかから上位者はハンドル名が表示されます。塾でのライバルのほかに全国のライバルと競うことができます。すららは、ゲーミフィケーション(ゲームデザイン要素やゲームの原則をゲーム以外に応用すること)を高度の活用しているので、飽きずに学習が進むように作られています。

坂戸の塾、個別指導のフロンティアではこの「すらら」をメインの教材として使用しています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。