授業の板書を丸写しノートはダメだよと坂戸の塾、個別指導のフロンティアでは指導しています。

お問い合わせはこちら

坂戸の塾、個別指導のフロンティアでは授業の板書を丸写しするだけのノートはダメだよと教えます。

坂戸の塾、個別指導のフロンティアでは授業の板書を丸写しするだけのノートはダメだよと教えます。

2020/09/12

黒板の文字を写すだけでは無意味です。

 坂戸の塾、個別指導のフロンティアでは、授業時に板書を丸写しするだけのノートは意味がないと教えています。

一生懸命に勉強してもアウトプット(再現)できない知識は、ゴミでありそれに費やした時間はすべて無駄になります。学校授業の復習をするときにノートを見て、すぐにその日の授業内容が思い浮かぶという人は、坂戸の中学生は何パーセントぐらいいるでしょうか?きっと一握りに人だと思います。個別指導のフロンティアでは、その一握りの人に入るために方法を教えます。

 ノートは、学んだことを再現できるノートを書くことができるかどうかが大事です。ノートの生命線は、再現性なのです。あなたの子供が、もしノートをきれいに書いているのに成績が今一つということであれば、それは能力が低いからとかやる気や努力が足りないからではなく、ノートの使い方に原因があります。

 せっかく学んだことを再現できない、能力にフタをするノートが能力アップの邪魔をしているのです。ノートが変われば、子供の能力は変わります。学校の授業ノートは、黒板の文字を写して、授業を真面目に受けているという証拠を見せるものではありません。授業後にノートを見たら、授業内容が思い出せるもの、つまり再現性のあるノートにしなければならないのです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。