歴史は本筋より深堀りが楽しいと坂戸の塾、個別指導のフロンティアは考えます。

お問い合わせはこちら

歴史は本筋より深堀りが楽しいと坂戸の塾、個別指導のフロンティアは考えます。

歴史は本筋より深堀りが楽しいと坂戸の塾、個別指導のフロンティアは考えます。

2020/09/24

源氏の棟梁はだだの「ミコシ」だった

坂戸の塾、個別指導のフロンティアは歴史の深堀りをおすすめします。

源氏三代の将軍は、坂東武士たちの武家政権樹立のための「ミコシ」だった。そのため、将軍が朝廷にすり寄ったり、武士の土地所有権確立への努力を怠るとその将軍すら排除の対象となったのである。その将軍排除の動きの中心者が北条一族である。

二代頼家、三代実朝の暗殺の黒幕も北条一族と考えられる。そして、頼朝を担ぎ出した北条時政のあと、北条政子・義時の時代に実朝が暗殺され、北条執権体制が確立していく。つまり、北条一族は、「将軍は飾り物」で実質的には御家人、東国武士団の政府という形をつくることに成功する。

北条時政は将来を見通していたから、当時流人の源頼朝を平家に差し出すのではなく、挙兵の道を選んだ。東国武士団の力を結集すれば、「独立」できると読んでいたに違いない。そして、それは同時に頼朝は単なる「ミコシ」に過ぎないと初めから割り切っていたということである。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。