歴史から学ぼう!坂戸・鶴ヶ島の塾、個別指導のフロンティア

お問い合わせはこちら

歴史から学ぼう!坂戸市千代田の塾、個別指導のフロンティア

歴史から学ぼう!坂戸市千代田の塾、個別指導のフロンティア

2020/12/15

徳川家康は、学びの人

坂戸・鶴ヶ島の塾、個別指導のフロンティアは、歴史から学ぶことおすすめしています。

「逆説の日本史」から徳川家康について、ご紹介します。

家康は、戦国武将のなかでも極めつけの読書家である。信長・秀吉も多くの戦国武将も「本を読む」ということをほとんどしなかった。信長も秀吉も「孫子」を読んだという話は聞かないが、彼らの戦法には明らかに「孫子」に通じるものがある。要するに彼らは天才なのであって、多少の耳学問でも十分に名戦術家たりえのだ。

どころが家康は違う。家康も大きな才能のある男には違いないが、彼の興味深いところは、「自分は信長や秀吉のような天才ではない」と自覚していたとしか思えないところにある。剣術でも馬術でも、家康は師匠について習った。特に剣術は、戦国時代にそれを習おうという人はあまりいなかった。当時の主要な武器は槍であり、ヨロイカブトという防具をつけているから剣術を身につけても実践の役にはあまりたたない。しかし、そんな風潮の中で、家康だけは稽古に励んでいたという。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。